1. おおすみは軍艦だが作戦行動中ではなく、
    改装の為に内海の瀬戸内海を回航中で
    事故当時のおおすみのトラフィックも記録されてる

    であり、衝突まで進路1-8-0(真南)で真っ直ぐ航行しているのが判る。

    つまり、衝突前に寺岡某の言う取り舵はとってはいない。

    そして、おおすみは改装の為に岡山のドックに向う予定だったので
    0800方向に面舵で西へ進路を取る必然性がない。


    つまりプレジャーボートを避けようと両舷停止し面舵を取ったが当たってきたと。

    その後、減速し0803方向に停止して0805方向まで潮に流されたかと。

    図では南東方向に流された分、矢印がそちらに表示上向いてるが実際のおおすみの舳先は南西だろうと。

    で、停止の間に救命ボートを発進させた後に面舵で旋回し0815頃衝突地点に戻ったと推察。

    なお、おおすみのブリッジ(艦橋)の両脇のウィングでは常時、海士クラスの隊員が前方・側方をワッチしてる。

    また、艦橋中央では羅針儀を使って、
    2尉あたりの航海士が周囲の船を「目標アルファ方位○○○。目標ブラボー、方位△○○」

    って要領で確認し、CICに送ってレーダー情報と合致させる。

    つまり、プレジャーボートが乗っていた寺岡某の言うとおり、おおすみの右舷から追い越して左舷に進んだのなら快晴の当時見つけていない訳がない。

    つまりNHKなどマスゴミや


    »495
    の、おおすみが監視を怠った云々は、全くもってデタラメなのは明らか。

    ちなみに海保はおおすみの航跡を発表してないから図はガセなどと
    »420
    は言っているが、AISをオンしてたから下記サイトで誰でも見れる。

    http://www.marinetraffic.com/jp/ais/home/centerx:132.3517/centery:34.09521/zoom:8/mmsi:431999627


    なお、NHKはこのサイトの存在を昨晩放送したあと、

        海自叩きをトーンダウンw


     


  2. 男が落ち込ん出るときに女が「どしたの?」「大丈夫?」とかじゃなく「おっぱい?」「おっぱい揉む?」と聞かれた方がいいにきまってるみたいなツイートがあって軽い気持ちでためしたら本当にすげえ勢いで元気になった。


     


  3. 生徒は10代で、私と違って幼少からネット環境で育っています。私がネットで便利になったと思っていることでも、彼らにとっては彼らなりの不満があったのです。その不満とは「予想外の刺激がないこと」と、ある生徒はこう言いました。「興味ある分野はある程度まで深めることができるが、興味がない分野から得られる刺激は受けられない」。


     


  4. 好きな家事は味見です


     


  5. モスで隣の童貞三人組みたいな中学生がクラスの女子との「私マスクの上からならキスできるよ」「嘘だ〜じゃ、じゃあやってみろよ」って話してて、手に汗握る。


     


  6. 人が「大人」になって最初にすることは、両親の欠点を理解し、受け入れ、許すことです


     


  7. I’m sorry すみません Sumimasen
    Excuse me すみません Sumimasen
    Thank you すみません Sumimasen


    これは大体あってる



     


  8. 食品を買うとき、すぐに食べるとわかっている場合は、わざと古い日付のものを選ぶ、という人がいます。その理由は、「そうしないと、その食品はきっと捨てられてしまうから」。なかなかできることではありませんが、食品ロスを考えるとき、私たちに必要なことは、こうした姿勢なのかもしれません。


     


  9. ぼくは、プライドというのは絶対感だと思う。
     自分がバカであろうと、非力であろうと、それがオレだ、そういう自分全体に責任を持って、堂々と押し出す。それがプライドだ。


     


  10. 日本は長い歴史があり、長い過程で統一され、統一の象徴たる王朝があって、さらに徳川政権が倒れた以後は選挙を2世代は行ってきた。そういう経緯がある。
     
     一方のイラクは政権が非常にめまぐるしく変わる地域で、シーア派とスンニー派がいて、クルド人がいて、地域の権力者がいて、どれもこれも、そもそも”クルド人”ですら統一された概念ですらなくて、ヨーロッパ列強が勝手に策定した国境で規定された国であり、そして独裁政権でなんとか束ねられたばらばらの領域で、民主選挙など経験したことがなく、それぞれの地域集団はそれぞれ国境外の集団とむしろつながりがあったり、あるいは反対に国境の外と内とを問わずお互いに対立関係にあった。
     
     この二つを無邪気にも同一として扱った理解は、結果的に破綻した。アメリカは多くの犠牲を払ったものの統治に失敗し、名目だけの民主政権を樹立して逃げ出し、イラクは不安定なまま放置された。
     
     止むを得ない行動だけども、無責任極まりない行動だとも言える。
     
     ∧∧
    (‥ )アメリカの他国と歴史と
    \‐ 統治に関する理解の枠組みは
     致命的なまでに間違っている
     
     (‥ )致命的なまでに
     楽観的すぎると言えば
     いいかもな。
     
     それこそ、あの人たちはこう思っているのではないか?
     
     ファシズムという悪魔に支配された黒魔術と暗黒の王国を我々は打ち倒し、光を与えて彼らを正気に戻して上げた、と。
     
     ∧∧
    ( ‥)悪魔に支配された日本を
     民主主義という光で
     浄化した
     そうしたらアニメや漫画を
     作り出す平和的な国民に
     なったではないか。
     だからイラクも
     浄化できるはずだ
     
     ( ‥)くるくるぱーな理解だが
     ‐□ もしそう考えていると
     したら、
     あの人たちの行動は
     色々と腑に落ちるよね
     
     民主主義を経験していないイラク。
     
     そうであるのに、どうして”選挙さえ行えば民主的=平和的な国家”が成立すると考えたのか?
     
     なぜ戦争中の日本と現在のイラクを同一視できたのか?
     
     そもそも民主的=平和って、何?
     
     これらは、アメリカ人の理解が根本から狂っていることを示唆しているのではないのか?